赤城山でオイカワ掴み取り!

 

こんにちは、うどんです。

 

 

7月の3連休を使って、私の実家のある群馬へ帰省してきました。

群馬といっても実家があるのは市内なため、クーラーをつけないとおそろしく暑い!

 

 

せっかくの3連休だし「赤城山にカニ獲りに行こう!」と、いうことで運転を父にお願いし、赤城山に遊びに行ってきました。

 

 

焼きとうもろこしで腹ごしらえ

f:id:aquarius19840122:20180714115605j:image

 

市内から赤城山の大沼方面に向かう途中に何ヶ所かで焼きとうもろこしを売っています。

 

 

焼きとうもろこし1本300円

 

 

味付けは醤油のみとシンプル。

人口甘味料で味付けされてるんじゃないかと思うくらい甘くてびっくりです。

 

しっかり焼いているので、香ばしくてとてもおいしかったです。

 

 

カニ獲りするつもりが…

 

腹ごしらえも済んだところで、大沼の用水路でカニ探し開始です。

 

f:id:aquarius19840122:20180714155350j:image

 

石を退かしてカニを探すも見つからず、逆に至るところに「オイカワ」発見。

 

f:id:aquarius19840122:20180714133309j:image

 

ちょっと写真だと分かり難いですが、壁際に3匹並んでいます。

 

 

カニ獲りを早々に諦めて、オイカワを掴み取りに予定変更です。

周りの小さいお友達と一緒になって夢中で掴み取りしたところ…。

 

f:id:aquarius19840122:20180715172847j:image

 

ビニール袋も網も持たずにキッチンで使う三角コーナー用のネットだけだったので、かなり苦労しました。

 

 

1時間ほどの釣果はオイカワ5匹でした。

 

f:id:aquarius19840122:20180714185751j:image

 

あれ?4匹に…なってる…!?

家に帰ってから見てみると4匹になっていて、1匹逃げられちゃってましたΣ(゚д゚lll)

 

f:id:aquarius19840122:20180715173055j:image

 

オイカワとは?

 

コイ科の川魚で成魚で15cmほどになる。

ほぼ1年中釣ることが出来る。

 

成魚のオスはメスよりも体型が大きくなり、特に尻ビレが発達している。
また、繁殖期にはオスの体側に青緑とピンクの鮮やかな婚姻色が表われる。
草食寄りの雑食性で、水生昆虫や藻類などさまざまなものを食べる。

 

調理方法は、甘露煮、塩焼き、天ぷらなど。

 

(引用元:Honda釣り倶楽部 | Hondaより)

 

オイカワは水質汚染が進んだ環境でも生息できるようで、都心部にもいるそうです。

ただし、水質の悪い環境で釣ったものは一般的に食用としませんので、食べる際は自己責任でお願いします。

 

 

オイカワがいた場所は? 

f:id:aquarius19840122:20180819103410p:plain

 

住所:〒371-0101 群馬県前橋市富士見町赤城山3

 

 

地図右下にあるトレッカーズカフェ横にある川にいました。

近くにはお土産屋さんやボート乗り場があるので、観光にもおすすめですよ。

 

 

まとめ

 

今回の目的は「赤城山でカニ獲りをしよう!」だったのですが…。

ネットで調べてもほとんど情報がありません。

 

 

大沼〜小沼周辺をうろうろして、カニが獲れそうな場所を探すものの、今回探したルートでまともに沢に出れる場所を見つけられませんでした。

 

 

ちなみに、大沼の周りでテントを張ってキャンプを楽しんでいる方がすごく多くてビックリしました。

 

f:id:aquarius19840122:20180818185605j:image

 

時期的に夏休みシーズンだったので、お子さん連れで楽しんでいるのかな?

後々調べてみたのですが、私が見たのは「県営赤城山キャンプ場」でした。

大沼湖畔にあり、車で2分ほどの場所に旅館もあり日帰り温泉OKとのこと。

しかも、驚くことにトイレも炊事場もあるのに何と無料なんです。

 

 

そりゃ混んでるわ。

 

 

10月末以降からは水が凍結するため、トイレと炊事場の使用が出来なくなるようなので、その前に一度利用してみたいなぁ。

ちなみに、大沼が目の前にあり、漁業権(500円)があれば釣りも楽しめるそうです。