【湯河原】「福浦漁港」釣果〜キンギョ爆釣(笑)〜

 

こんにちは、うどんです。

 

 

9月の3連休を使ってちょっと足を伸ばして神奈川県の湯河原にある「福浦漁港」に行ってきました。

今回は、夕まずめ〜夜釣りにかけて釣れた魚を紹介します。

 

 

f:id:aquarius19840122:20180923194502j:image

 

サビキの仕掛けは「白スキン」
f:id:aquarius19840122:20180923194456j:image

 

今回使用したサビキの仕掛けはHAYABUSAが出している「白スキン」の4号です。

いつもはコマセの色と同じ「ピンクスキン」を使うのですが、毎回同じなのもつまんないしなぁ。

と、言うことで白にしてみました。

 

 

HAYABUSAが出しているスキンシリーズは魚の食いつきも良いですし、お値段もリーズナブルでコスパ◎のおすすめ仕掛けです。

HAYABUSAが同じく出している「リアルアミエビ」も試したことがありますが、個人的に「ピンクスキン」で十分だと思います。

 

 

サビキの仕掛けはヨレたり、サビたりするとすぐに魚の食いつきが悪くなるので、「ピンクスキン」を複数用意しておくのがおすすめです。

 

 

「福浦漁港」の釣果

 

それではここからが本題です。

「福浦漁港」で釣れた魚の紹介です。

 

 

ネンブツダイ(通称キンギョ)

f:id:aquarius19840122:20180923194506j:image

 

外道として釣り人の間で有名な「ネンブツダイ」です。

頭が大きいため、食べる部分が非常に少なく下処理に時間かかるので多くの人がリリースする魚です。

 

今回はサビキ釣りで30匹ほど釣れました。

仕掛けを何度落としてもキンギョがひたすら釣れました。

 

 

岩ガニ

f:id:aquarius19840122:20180923194521j:image

防波堤の岸壁にたくさんいたのが「岩ガニ」です。

網目の細かい網があれば、簡単に捕まえられます。

 

小さめなので、素手ででも掴むことは可能です。

今回はお味噌汁の出汁用に20匹ほどゲットしました。

 

 

ゴンズイ(毒魚)

f:id:aquarius19840122:20180923194511j:image

 

毒魚の外道と有名な「ゴンズイ」です。

ゴンゴンゴンと強い引きのときは大概こやつがかかってます。

 

 

背びれと左右の胸ビレ、表面のぬめりにも毒があります。

リリースする際は必ず魚つかみ等を使って大人がリリースしましょう。

 

 

キンギョ爆釣で楽しかったけどね…

f:id:aquarius19840122:20180923194515j:image

 

キンギョがバカスカ釣れたので、楽しかったは楽しかったのですが…。

アジとか欲しかったよね!

せめてサバとかイワシとかさ!

 

 

この日は青物の回遊魚は見られませんでした。

 

 

ちなみに、お隣で釣りをしていたご夫婦ですが1m近い極太のウツボを釣ってました。笑

いやー、何がいるか分からないから釣りは面白いですよね。